筋力トレーングの最適なスピード

筋トレはスピードによって効果が異なってきます。同じ種目を行っても、スピードのよって筋肉に与えられる効果が変わります。筋トレを遅いペースで行うと、筋肉の緊張を維持させて筋肉の内圧を高めていきます。一般的には7から10程度で、1つの動作を行っていきます。

ゆっくりと行うと、筋肥大には効果があります。血液の循環が抑えられて、筋肉内で発生した代謝物が筋肉内に溜まりやすくなります。代謝物が筋肉内に溜まった状態が続くと、通常の筋肉痛とは異なる即発性筋痛が起こります。このため、筋肉量を増やしたい人には効果があります。

更に筋トレ初心者にもお勧めで、ゆっくりなので正しいフォームを繰り返し出来るので集中していけます。筋肉にかかる器械的や物理的なストレスが小さくても、化学的な代謝ストレスを高く出来ます。筋力が少ない人でも、大きな筋肉量をアップ出来ます。

速いペースで筋トレを行うと、神経筋機構を高めていく事になります。同じ動作を行った場合に、多くの筋線維が活性化されるようになります。筋肉が持っている力を、大きく発揮していく事が可能です。現在ある筋肉が発揮出来る筋力を伸ばしていけます。

早いペースで行うと重い負荷を扱えるので筋線維が動作に多く関わり、必要なエネルギーが大きくなりカロリー消費が多くなります。これにより、脂肪燃焼効果があります。

加圧ブラトップランキングをチェック

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL